2015/7/8 水曜日

「柔道整復師 先輩訪問」

Filed under: 柔道整復科 — yo @ 16:36:32

image4.jpeg image5.jpeg

熊本県で整骨院を開業している先輩に会ってきました。野球をしていた経験を施術に生かしているそうです。特に怪我で練習や試合に出れない選手を見るとほっとけない熱いハートの先輩です。

image14.jpeg

今後も活躍祈っています。

以上、「ヤワラ」でした。

2015/7/6 月曜日

診療放射線科3年生の授業へ突入!

Filed under: 診療放射線科 — yo @ 16:59:55

計測学実験の授業を行っていました(●´∀`)ノ

d.jpga1.jpg

各種の機器を使い苦労しながら行っていました。

放射線の計測やレポート作成に奮闘していました。

c.jpgb.jpg

友達同士での情報交換や結果データの考察、検討など、

やることが沢山ありグループでの

ディスカッションで、色々な意見が飛び交っていました。

3年生なので、来年の国家試験に向けて勉学に励む毎日です。

目標はただ一つ、国家試験合格!\(@^0^@)/

これから、たくさんの壁が、君たちの前にいくつも立ちはだかります。

一つ一つ、打ち破り歩いてきた道を、強固なものにしてください。

頑張れ!診療放射線科3年生!(≧V≦*)/

2015/7/3 金曜日

ドクターハートのつぶやき(7) 熱中症

Filed under: プライベート — yo @ 10:25:32

先日、日本救急医学会(以下学会)から本邦初となる

「熱中症に関する診療ガイドライン」が発表されました。

あったようでなかった「熱中症」のこの診療指針は、

医師はもとより、一般のひとにとっても大いに参考となるものです。

熱中症は、脱水や、血圧低下など、循環器領域にも大いに関連する、

と、無理矢理関連づけ、この時期に特に注意が必要な「熱中症」、

今回はこのガイドラインを参考に、これを取り上げてみました。

暑熱環境にいるときの、あるいは、暑熱環境にいた後の体調不良は、

すべて熱中症の可能性あり、と認識すべきです。(学会)

また、熱中症は、暑熱暴露が短いほど予後が良い(学会)。

その意味でも早期発見、早期治療が大切です。

学会は、熱射病を分かりやすくシンプルにIIII度に分類しました。

I度は、みまもりと応急処置、II度は、医療機関へ、

III度は、入院加療が必要であるというものです。

遭遇することの多いのは、軽症のI度でしょう。

I度の症状と応急の対応は、以下の通りです。

症状:ぐったり、めまい、立ちくらみ、生あくび、大量の発汗、筋肉痛、こむらがえり、等、

対応:涼しいところで、着衣をゆるめ、安静。体表面を冷やす。経口的に水分をとらせる(スポーツドリンク、市販の経口補水液、緊急的には500ミリリットルペットボトルの水道水にひとつかみの食卓塩を加えて)

ここで大切なことは、I度の応急の対応と、

医療機関を受診すべきである熱射病II度かどうかの判断は、

現場に居合わせた一般市民に委ねられるということす。

熱中症の予防(水分をこまめにとる、長時間の暑熱環境にいることを避けるなど)

に関しては勿論、早期発見とその初期対応・応急処置について、よく理解しておきたいものです。

質問等ありましたら、下記のメールアドレスまでお願いします(^o^)

問い合わせ先:[email protected]

2015/7/1 水曜日

今年度も入試がはじまります(oゝ艸・)

Filed under: キャンパスライフ — yo @ 14:37:33

高校生のみなさん!!

本日よりAO選考エントリー開始です!!!(ノ*´>ω< )ノ

早く進路を決めたい方

福岡医療に絶対入学したい方

選考日は7/5(日)ですヾ(*'▽'*)ノ

前日までの受付可能ですよ♪

詳細はお問い合わせは フリーダイヤル0120-04-2910 入試係まで!

輝かしい福岡医療の先輩たち・・・・・

TSU_9533_M_R_R.jpg IMG_2179_R.jpg

一緒に夢を叶えよう!!

« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 0.250 sec. Powered by

np.com.ua

https://seotexts.com

亰仆舒 弍仂仍亠