2015/9/24 木曜日

ドクターハートのつぶやき(9)

Filed under: プライベート — yo @ 16:23:45

血圧◆々盞谿気任蓮⊃塩摂取を控えるべし

前回にひき続いて、血圧について:

高血圧症では、食塩の摂取を控えるよう進められます。

食塩、つまり、ナトリウムが

血圧を上げるのに関与しているからです。

平均的な日本人で、一日食塩摂取量は10g程度と云われています。

厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015)では、

1日あたりの食塩摂取量目標値は、

男性8.0g未満、女性7.0g未満と推奨されています。

一方、2010年版では、それぞれ9.0g, 7.5g未満でした。

塩分摂取に関しては、より少ない量にシフトしてきています。

因みに、ラーメン一杯では5.6g

スパゲティミートソース 5.4g、親子丼では、2.9g

の食塩量です。ラーメンのおつゆは残しなさいと云われる所以です。

また、食塩摂取に敏感に反応して血圧が上がる人(食塩感受性)、

かなりな食塩摂取(所謂味が濃い)でも平気な人、

等個人差が大きいことも確かです。

しかし、食塩摂取が血圧上昇にどのようにつながるのか、

その機序については、不明のことが多いようです。

最近の考え方によれば、ここにも、交感神経の関与があるようです。

腎臓において交感神経の活動が亢進すると、尿細管でのナトリウム排泄が低

下、ナトリウム貯留が進み、

その結果血圧が上昇することにつながるというものです。

HTML convert time: 0.173 sec. Powered by